サイクリングルート

Jump to section

カナダはサイクリング天国で、また(ロシアに次いで)世界で2番目に大きい国であることから、走ってみるべき場所が数多くあります。そこに加えたいのが、世界最長、15,000マイルの行楽用トレイルのネットワークで、国中に広がり13の州や準州すべてを通過している、有名なグレート・トレイルです。現代的な都会や歴史ある街を通り抜け、海岸線に沿って手つかずの自然に分け入る、カナダ旅行で最も人気のある2輪車向けのルートを紹介します。

体験

ノバ・スコシア州のカボット・トレイル

自然豊かなケープ・ブレトン島にあるカボット・トレイルは、全長299km、曲がりくねった北極圏の海岸沿いのハイウェイで、ムースやクマ、白頭ワシが頻繁に現れ、海には大西洋のゴンドウクジラもよく見られます。ベテランのサイクリストがすべてのカーブに挑戦する一方、旅行者はケルト文化やアカディア文化に触れ合いながらB&Bからパブまでをツーリングします。フリーホイーリング・アドベンチャーズがガイドつきのツアーにご案内します。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
ノバ・スコシア州観光局の連絡先
パメラ・ワンバック
観光メディア・スペシャリスト

ハッシュタグ

バンクーバーのシーウォール

イングリッシュ湾や雪をかぶった海岸山脈を見渡せる、ダウンタウンの緑豊かなスタンレー・パークには、眺めの良いバンクーバー・シーウォールがあり、これは連続したウォーターフロントの遊歩道としては世界最長(28km)のサイクリストにとっては貴重な行楽ルートで、道沿いには美しいビーチや流行りのレストランも見られます。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
バンクーバー観光局の連絡先
ブリアナ・プラスロスキ
広報スペシャリスト 海外・トレード担当

ハッシュタグ

モントリオールのラシーヌ運河多目的遊歩道

ラシーヌ運河多目的遊歩道は、モントリオールで都会の自然を感じられる大通りです。13kmの歩行者用/自転車用道路は人工の水路に沿っていて、その途中には、カフェランチを楽しめる歴史的な風情のオールドポート・オブ・モントリオール、ピクニックの買い出しにちょうどいいアトウォーター・マーケットがあり、また一部は全長が4kmあるF1グランプリのサーキット・コースシルキュイ・ジル・ヴィルヌーヴに沿っています。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
モントリオール観光局の連絡先
パトリツィア・ドリ
会員サービス、パートナー連携マーケティング担当ディレクター

ハッシュタグ

ナイアガラのグレーター・ナイアガラ・サークル・ルート

グレート・トレイルの一部でもある、舗装された全長140kmのグレーター・ナイアガラ・サークル・ルートは、自転車で巡るのに最適な地域です。農園や果樹園、古風な村や生い茂るブドウ園、緑豊かでゆるい起伏の丘陵地帯、ウォーターフロントや海岸などに加え、オープンカフェでは都会らしい楽しみやランチに立ち寄るチャンスもあります。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
ナイアガラの連絡先
ナイアガラ・フォールズ観光局
メディア窓口

ハッシュタグ

ブリティッシュ・コロンビア州、ペンバートンのスローフード・サイクル

毎年8月に開催されるペンバートン・スローフード・サイクルは、とても人気のあるグルメイベントです。あらゆる体格、年齢、特技の熱心なロカヴォアたちが、ウィスラーから北に45kmの肥沃な地域を農園から農園へサイクリングしながら、その恵みをたたえ、ピクニックで休憩し、地元の食材、料理人による料理を試し、素朴な手作り品を見て回ります。 

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
ペンバートンの連絡先
ペンバートン観光局
メディア窓口

ハッシュタグ

コンフェデレーション・トレイル

のんびりとした、435kmのコンフェデレーション・トレイルを通じて、カナダで最も小さい州、プリンス・エドワード島州の田園風景のすべてを上から下まで、文字どおり見ることができます。かつての鉄道線路が横切るのは、さまざまな種類の農地、静かな海辺の村落、美しい入江と港町。トレイルの途中は、ゴルフやバードウォッチング、グルメ、そしてカナダ発祥の地、シャーロットタウンでの午後を楽しんでください。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
プリンス・エドワード島州政府観光局の連絡先
アルフ・ブランチャード
メディア窓口責任者

ハッシュタグ

オタワのサイトシーイング・サイクリング・ルート

オタワの都会的なサイトシーイング・サイクリング・ルートを走って、あらゆるカルチャースポットを訪ねましょう。7.5kmの遊歩道は、ユネスコの世界遺産にもなっている歴史的なリドー運河や、カナダの首都にある主要な博物館や名所などをたどっています。レンタバイクまたはエスケープ・バイシクル・ツアーズに寄って準備しましょう。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
オタワ観光局の連絡先
ジャンティン・ファン・クレーテン
広報ディレクター

ハッシュタグ

アルバータ州のアイスフィールド・パークウェイ

世界で最も景色の良いドライブウェイの1つと謳われている、絵ハガキにふさわしいアイスフィールド・パークウェイはカナディアン・ロッキーの中にあり、100以上の氷河が線を描いています。ジャスパーとレイク・ルイーズの間は300km、これを自分で2日から6日かけてサイクリングするか、マウンテン・マッドネス・ツアーズに参加してみましょう。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
バンフ&レイク・ルイーズの連絡先
バンフ&レイク・ルイーズ観光局
メディア窓口

ハッシュタグ

ブリティッシュ・コロンビア州のケトルバレー・レイルウェイ・トレイル

ブリティッシュ・コロンビア州のグレート・トレイルのうち、最も印象的な部分は、全長401kmのケトルバレー・レイルウェイ・トレイルです。ブルックミアからミッドウェイまでの歴史を感じるルートは、山地から海岸まで銀鉱石を運び、技術の驚異としてカナダ鉄道殿堂入りも果たしている1915年の鉄道の上にあります。山あいにかかる18の橋脚から覗く峡谷の景色を楽しむには、国の史跡になっているケロウナ・マイラ・キャニオン・クリフハンガーまで、12kmの道のりを走りましょう。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
トンプソン・オカナガン観光協会
ハワード・グリーブ
旅行業メディア・スペシャリスト

ハッシュタグ

ニューファンドランド&ラブラドール州のバイキング・トレイル

筋金入りのサイクリストにとって、ニューファンドランド&ラブラドール州のバイキング・トレイルは、全長500km、海岸沿いの手ごたえあるルートです。そこで目にするのは、印象深いフィヨルドに削られたグロス・モーン国立公園、広範囲にわたる気さくな漁村、そして言うまでもありませんが驚異的な地形と氷山、クジラやムースです。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
ニューファンドランド&ラブラドール観光局の連絡先
エラ・ヘネガン
海外メディア窓口

ハッシュタグ

サスカチュワン州のバトルフォード・トレイル

サイクリング初心者でも、サスカチュワン州ではグレート・トレイルの一部で風光明媚なノースサスカチュワン川沿いのバトルフォード地区にある全長12kmの舗装された道を巡ったり、全長25kmのノース・ショア・トレイルに沿って自然のままの地形を走ったりできます。さほど距離はないものの、バトル川とノースサスカチュワン川の合流地点に広がる素晴らしい眺めを楽しめるルートです。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
サスカチュワン州観光局
ジョディ・ホリデイ
メディア窓口スペシャリスト

ハッシュタグ

イメージ画像集

旅のアイデアになるサイクリングルートのイメージをお探しですか?

ブランドカナダライブラリー

カナダの写真や動画をもっとお探しですか?

こちらから豊富なコンテンツをご確認ください。

#ExploreCanada Photos

 
Instagram images displayed are for inspiration only. For usage rights please contact individual Instagram users.

最新ニュース

事例 カナダシアター(RISVEL)
オーガニック先進国カナダの「美味しい」の秘密は、ファーマーズマーケットにあり!
事例 カナダシアター(RISVEL)
カナダ・ケロウナのワイン街道を巡る ~その1:丘の上の美しきワイナリー
事例 カナダシアター(BS12)
LOVEカナダ~笑顔を探す旅~ バンクーバーのライフスタイル
事例 カナダシアター
菜々のカナダ旅日記 ~北米の楽園 トフィーノ~
事例 カナダシアター(RISVEL)
モダンなビルと歴史的建造物が融合するデザインとアート の都市 モントリオール
事例 カナダシアター(RISVEL)
カナダ・ケロウナのワイン街道を巡る ~その1:丘の上の美しきワイナリー
事例 カナダシアター(BS12)
LOVEカナダ~笑顔を探す旅~ バンクーバーのライフスタイル
事例 カナダシアター
菜々のカナダ旅日記 ~北米の楽園 トフィーノ~