スピリッツ&蒸溜所

Jump to section

冬は、極上のウィスキーやラム酒、ウォツカのテイスティングを楽しみながら、体の芯から温まりたいもの。実はカナダでも特に風光明媚なバンフ国立公園からハリファックス港にかけての地に、最近、めきめきと頭角を現している蒸溜所が増えています。

体験

クラフトスピリッツの試飲におすすめのスポット
Tour Atlantic Canada’s largest distillery in Nova Scotia
ノバ・スコシアでアトランティック・カナダ最大の蒸溜所訪問

かつて禁酒法時代に密輸が華やかだったころ、密造酒のメッカとされていたノバ・スコシア。それから時代は流れ、東海岸にあるオーセンティック・シーコースト・ディスティラリーでは丁寧に職人の手で生み出されるラム酒やウィスキー、ウォツカ、ビールなどクラフトスピリッツの試飲が楽しめます。同蒸溜所は2043平方メートルと、アトランティック・カナダ最大規模を誇る蒸留所です。また、港寄りの地区には、ラム酒専門で州内初の女性醸造家が腕をふるうハリファックス・ディスティリング・カンパニーがあります。 

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
ハリファックス観光局問い合わせ先
Katie Conklin
Communications & Marketing Manager

ハッシュタグ

An adventure for your taste buds in Banff National Park
バンフ国立公園で味覚を刺激するアドベンチャー

おしゃれなパーク・ディスティラリーは、本物のカナディアン・ロッキーの氷河から得られた水を使用する北米唯一の施設。蒸溜所の見学ツアーのほか、レストラン・ラウンジでは、素朴でありながらシックなカナダらしい雰囲気の中、「キャンプファイアー料理」を味わいながら、ウォツカやライ・ウィスキー、ジンを楽しむこともできます。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
バンフ&レイクルイーズ問い合わせ先
Banff & Lake Louise Tourism
Media Relations

ハッシュタグ

Toast an anomaly in British Columbia: Small-batch potato vodka
ブリティッシュ・コロンビア州独自の貴重なポテト・ウォツカに乾杯

リゾートタウン、ウィスラーのすぐ北にあるペンバートン(別名スパッドバレー)は、絵のように美しい農場やこだわりの生産農家、ジャガイモの種芋で有名です。ペンバートン・ディスティラリーでは、世界唯一の有機ポテトから作られたウォツカやジン、アブサン(度数の強い緑色のリキュール)、シュナップス(度数の強い辛口蒸溜酒)など各種リカーが味わえます。ほかにも、銅のポットスチル(蒸溜器)を使い、昔ながらの方法で手作業で作られるウィスキー(グレインウィスキーとフルーツウィスキー)やブランディーもあります。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
ブリティッシュ・コロンビア州観光局問い合わせ先
Monica Leeck
Media Relations Manager, Japan

ハッシュタグ

Meet the planet’s best gin makers in Saskatchewan
サスカチュワン州で見つけた世界最高のジン・メーカー

ブティック蒸溜所であるブラック・フォックス・ファーム&ディスティラリーが世界ジン・アワードでカナダ初の「ベスト・カスク」に選定されました。サスカトゥーン郊外にあるこの家族経営の農場では、最高栄誉を獲得した「バレル・エイジド・ベイパー・インフューズド・ドライ・ジン」の試飲が可能です。ブラックフォックスが栽培するルバーブや花の成分が注入されています。また、他のリカー類やウィスキーもそろっているため、きっと好みの一品が見つかるはずです。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
サスカトゥーン観光局問い合わせ先
Aviva Kohen
Director of Media

ハッシュタグ

Newfoundland seaweed gin hits global headlines
世界的に注目を浴びるニューファンドランドの海藻入りジン

少なくとも過去100年は蒸溜所がなかったというニューファンドランド。その長い空白を破って、ついにこの地に、100%地元産原料にこだわったニューファンドランド・ディスティラリーが誕生しました。そんなディスティラリーが一躍世界的に脚光を浴びることになった理由は、新鮮な地元産の海藻を使った新製品のジンでした。ほかにも、アバロン半島産のクラウドベリー(野生の木イチゴ)、ルバーブ、ネズを使ったジンもあります。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
ニューファンドランド&ラブラドール州観光局問い合わせ先
Ella Heneghan
Overseas Media Relations

ハッシュタグ

Craft spirits take off in Manitoba
マニトバ州で盛り上がるクラフト・スピリッツ

最近の規制緩和を受けてウィニペグにもこだわりの蒸溜所が増えてきました。2016年に工業地帯にテイスティング・ルームを開設してデビューを飾ったキャピタルKは、ジンとウォツカを手がける家族経営の蒸溜所。市内で2番目に登場したパテント5は、旧市街「エクスチェンジ地区」にある1903年建築の歴史的な建物を利用して先ごろ開業しました。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
ウィニペグ観光局問い合わせ先
Gillian Chester
Communications & Media Relations Manager

ハッシュタグ

Go farm-to-glass in Alberta
農場からバーまで手がけるアルバータの蒸溜所

静寂に包まれたターナーバレーに佇むオークレール・ディスティラリー。昔ながらの馬を使った農業(ライ・ウィスキーやシングルモルト・ウィスキーのスペシャル版用)を手がける世界唯一の蒸溜所です。アルバータ州初のクラフト・スピリッツは、地元産の穀物だけが原料に使われています。カクテルの基礎も学べます。おみやげには、オークレールの新製品である缶入りG&Tを。

関連情報を非表示 関連情報を表示 情報問合せ先、関連サイト
カルガリー観光局問い合わせ先
Lindsay Gallant
Manager, Earned Media

ハッシュタグ

イメージ画像集

記事作成にスピリッツ類・蒸溜所の画像をお探しですか。

ブランドカナダライブラリー

カナダの写真や動画をもっとお探しですか?

こちらから豊富なコンテンツをご確認ください。

#ExploreCanada Photos

カナダ各地のクラフト・スピリッツの試飲ができる場所に関する情報交換の様子をご覧いただけます。